カードローンは正直者が利用するもの

銀行などでお馴染みのカードローン商品は、基本的に正直者が利用すべきものです。なぜなら正直者が利用してこそ、自分の返済能力を嘘偽りなく正しく把握して、それに相応しい借り入れだけをするからです。
ところが、もしも正直ではない者がカードローンを利用してしまうと、自分の返済能力を偽って無謀な借り入れをしてしまう危険があります。そうなると金融事故を起こしてしまい、金融機関に迷惑をかけ、自分も苦しい目に遭ってしまうことになるのです。そんな大変な事態に陥らないためにも、本来、カードローンは正直者だけが利用すべきなのです。
しかしカードローンを取り巻く現実を見ると、正直者もそうでない者も、みんな同じようにカードローンを利用しています。その結果、安全に便利に利用している者もいれば、返済に四苦八苦している者、時には自己破産に陥ってしまう者など、色々な利用者がいます。
とにかく、カードローンを使うからには自分に正直であるべきです。そうすれば、金融事故のリスクは間違いなく軽減できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>