カードローンについての簡単な説明

カードローンとは銀行もしくは協同組織金融機関が行っているローンのことを指します。カードを作っておくと限度額までコンビニや銀行のATMでお金を引き出すことが出来るのです。

 個人向けのカードローンは担保を必用とするものと担保を必用としないものに大別することが出来ます。どちらにしてもお金の使用目的は自由となっていますが、事業資金として借りたお金を使用することは出来ません。

 また保証人は必要ありませんが、銀行のカードローンの審査は消費者金融と比較して厳しいので申し込んでも必ずしもお金を借りることが出来るとは限りません。ただ審査が厳しい分カードローンの金利は消費者金融の金利と比較して低く設定されているので、まず最初にカードローンを申し込み審査に落ちた場合は消費者金融を検討するという順番で利用することをオススメします。

 あと金融機関により扱いは異なりますが、カードローンを利用することで優遇サービスを受けられるといったメリットがあるケースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>