月別アーカイブ: 2015年3月

カードローンについての簡単な説明

カードローンとは銀行もしくは協同組織金融機関が行っているローンのことを指します。カードを作っておくと限度額までコンビニや銀行のATMでお金を引き出すことが出来るのです。

 個人向けのカードローンは担保を必用とするものと担保を必用としないものに大別することが出来ます。どちらにしてもお金の使用目的は自由となっていますが、事業資金として借りたお金を使用することは出来ません。

 また保証人は必要ありませんが、銀行のカードローンの審査は消費者金融と比較して厳しいので申し込んでも必ずしもお金を借りることが出来るとは限りません。ただ審査が厳しい分カードローンの金利は消費者金融の金利と比較して低く設定されているので、まず最初にカードローンを申し込み審査に落ちた場合は消費者金融を検討するという順番で利用することをオススメします。

 あと金融機関により扱いは異なりますが、カードローンを利用することで優遇サービスを受けられるといったメリットがあるケースもあります。

銀行系カードローンの融資を左右するもの

銀行系カードローンは銀行カードローンに比べると審査が甘いことで知られています。
そうはいっても、やっぱり他社からの借り入れが多いと審査に通過することは出来ません。一般的には3件以上の借り入れがある場合は、審査が甘いと言われる銀行系カードローンでも審査通過が困難になるとされています。

現在すでに他社から融資を受けている方が銀行系カードローンに申し込むなら、まずは借り入れ件数が3件未満になっていることを確認しておいた方が良さそうです。すでに3社から借りているなら、残債が少ない借り入れを上手に繰り上げ返済して件数を減らしておくと良いでしょう。

また、銀行系カードローンは総量規制の対象になっているので、借り入れ件数が少ない場合でも借り入れ総額が大きいと新たな融資が受けられない可能性も否定できません。銀行系カードローンを新たに申し込むなら、総量規制の上限を超えないよう、借り入れ希望額をきちんと考慮しておくことも重要なのです。